用心棒 本号の冷やしまぜそば@野菜マシ

用心棒 本号の冷やしまぜそば@野菜マシ

文京区の東京大学のそばにある本郷にあるのに「用心棒 本号」に行ってきました。
二郎系のお店ではかなり有名で、夏の期間限定冷やしまぜそばなどは人気のようです。

場所は、文京区の東京大学の近くで、本郷通り沿いにぽつんとでてきます。
用心棒 本号 外観

平日の13:40ころ到着したところ、並びはなしで、空席が4つほどありました。
いつもは並んでいるようですが、コロナの影響ですね。

私が席に座った後は、すぐにお客さんがたくさん入ってきて並んでしまいました。ラッキーでしたね。
あえてお昼のピーク時をずらしていったのですが、客層は学生が多いようなので、特にお昼とかは関係ないのかもしれません。

お店に入って今回の目的である「冷やしまぜそば」の食券を買います。
用心棒 本号 食券機のメニュー
麺は普通で300gとのこと。なかなかの量ですが、大食いな私としては余裕だと思います。

コールは出来上がってからなので、食券を渡して席で待ちます。

お店には紙エプロンあります。

事前情報で調べたところ、野菜をマシマシにすると、相当な量で、別皿で来ることもあるようで、さらに残さないでくださいねと言われるという情報もありました。

こちらのお店は初めてなので、ちょっとビビッて野菜マシで我慢することにしました。

ラーメンと冷やし混ぜそばはコールの種類が違うので、間違えないように店内のトッピングの内容を見ながら伝えます。
今回は「野菜マシ、ニンニク、ショウガ、辛たま、ガリマヨ」にしました。

しかし、店員さんもこんな複雑なコールをよく間違えないなぁと感心してみていると、着丼です!

ドーン!!
野菜マシ、ニンニク、ショウガ、辛たま、ガリマヨ
おぉ、見た目はとっても美しい盛り付けです!

冷やしなので、丼も冷えていました。夏にはとってもよいですね。

今回、私は「野菜マシ」でコールをしたのですが、他のお客さんのコールと盛りを見ていると「野菜」とコールをしている人もいるようで、その人の野菜の量を見ていると、私の野菜マシと同じでした。

私の認識では野菜の量は、「野菜」<「野菜マシ」<「野菜マシマシ」ということだと思っていたのですが、結局コールで、「野菜マシ」と「野菜」は同じ量です。ヤサイマシマシにしない限り増えないのですね。

「野菜」=「野菜マシ」<「野菜マシマシ」

ということのようです。

なかなか難しいですね。

具は、トマト、水菜、チャーシュー、その他ネギ、揚げだまとかいろいろ入っています。

麺は太麺でとっても美味しそうです。
用心棒 本号 冷やしまぜそばの麺用心棒 本号 冷やしまぜそばの麺

野菜に味はついていないので、卓上のタレをかけて食べるとよいです。
写真の通り、マシだと野菜少な目でした。マシマシでも余裕そうですね。

冷やしまぜそばの味はというと、思ったよりは予想どおりの味でした。
マヨネーズとラーメンのタレを混ぜた味で、濃いめの味付けです。

麺は固くて噛み心地がすごくよかったです。

からたまは、キムチみたいに結構辛いですが、これは美味しいですね。

しょうがもさっぱりと美味しいです。

そして、ガリマヨもとっても美味しいです。

冷やしまぜそばの「からたま」「しょうが」「ガリマヨ」これらのトッピングは必須です。とっても合うのでぜひ入れてください。

麺は300gということで結構な量でしたが、野菜マシで抑えておいたので余裕で完食です。
用心棒 本号の冷やしまぜそば@野菜マシ完食
初めてのお店で緊張したし、夜ご飯をすぐに食べる予定だったので、野菜マシマシにしなくてよかったです。

味に関してはちょっと期待しすぎたかなー。
かなりの行列ができるということだったので期待していったのですが、思ったよりは想像の範囲内の味でした。
しかし、トッピングなどはかなり美味しいので、次行ったときは野菜マシマシで挑戦したいと思います。

※マシマシをやると周りからの目線が気になるんですよね。

美味しかったです。ごちそうさまでした!

今回食べたメニュー

  • 冷やしまぜそば 880円・・・8点
(※10点満点)

お店の情報

【店名】
用心棒 本号
【営業時間】
月~土 祝日
昼の部11:00-15:00
夜の部17:00-21:00
【定休日】
日曜日
【住所】
東京都文京区向丘1-20-6 ファミール本郷 1F
【電話番号】
03-3817-0120
スポンサーリンク
レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)