二郎のアブラトッピングはあまり意味がない? | ラーメン二郎 新宿歌舞伎町店

二郎のアブラトッピングはあまり意味がない?@ラーメン二郎 新宿歌舞伎町店

続けて歌舞伎町の二郎に来ました。

前回歌舞伎町二郎に行ったとき、勇気を振り絞ってアブラトッピングをしたのに、入っていなかったので、そのリベンジでもあります(笑)。

平日の14:20ころいったところ、店内に7名ほど待っていました。
店内はカウンターのみ14席です。

しかし、歌舞伎町の二郎は回転が良いのでそこまで待ちません。
ラーメン二郎 新宿歌舞伎町店

食券機で食券をかって、店員さんに渡します。麺はカタメにすることができるのでカタメにします。

店内に書いてある通り、食券を折っておいておきます。

今回のトッピングは、「野菜マシマシ、アブラ少し」。
よし、今回こそはっきり言ったからアブラ入ってくるはずだ。もし入っていなかったら店員さんに言って追加してもらおう。

そしていよいよ到着です。
歌舞伎町二郎 ラーメン
着丼まで20分ジャスト。

おぉ、しっかりとアブラがかかっているではないですか!

アブラ少な目といったはずなのですが、結構かかってますね。もし、アブラ増しとかにしたら、麺を覆い尽くすくらい入ってしまうのでしょうか!?
そうなったら寿命が1年くらい縮みそうですよね。。。

そして食べてみると、麺は太麺だがツルツルです。

あれ?味が薄めですね。まぁ、作る人によって、味が変わるのも二郎の面白さではあるのですが。
ちょっと物足りなかったので、卓上のタレをかなり入れました。

そうするといつもの二郎に近づきましたね。

アブラに関しては、せっかく入れたのですが、普段とあまり変化ない感じでしたかね。
しかし、見た目のインパクトはあるし、スープを見ると明らかにアブラの幕が張っているので、体はしっかりとアブラを吸収しているはずです。

味については、いつも通り美味しい二郎をいただきました。

今回は二日酔いだったので、小でも最後ちょっと、胃がもたれてしまいました・・・。

もしかしたら脂のせいなんでしょうかね?

脂は、入れてもあまり効果がないかもしれないので、体の為を考えたら、入れなくてもいいかもしれません。

また行きます。

■今回食べたメニュー
ラーメン 700円・・・8.5点(※10点満点)

お店の情報

【店名】
ラーメン二郎 新宿歌舞伎町店

【営業時間】
11:30~翌3:00
日曜営業

【定休日】
水曜日

【住所】
東京都新宿区歌舞伎町2-37-5 日新ビル 1F

【電話番号】
03-3205-1726

スポンサーリンク
レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)