恵比寿の有名もつ鍋をテイクアウト | 博多もつ鍋 蟻月 恵比寿店 (ありづき)

恵比寿の有名もつ鍋をテイクアウト | 博多もつ鍋 蟻月 恵比寿店 (ありづき)

あの恵比寿の有名なもつ鍋屋さん「蟻月(ありづき)」が営業自粛中にテイクアウトのサービスをしていました。
博多もつ鍋 蟻月 恵比寿店 (ありづき) 入り口
最近はどうだったかわからないのですが、すごい人気店で、一時期は電話が全くつながらず、予約困難のお店だったのです。
その人気店もやはり新コロナウィルスの影響で厳しい状態になっているようですね。

博多もつ鍋 蟻月 恵比寿店 (ありづき)がやっているテイクアウトのメニューは以下となります。
博多もつ鍋 蟻月 恵比寿店 (ありづき) テイクアウトメニュー
全てのメニューを持ち帰りにしているのではなく、メニューを絞ってテイクアウトしているようですね。
もつ焼きという新メニューもあるようです。

もつ鍋のテイクアウトってどうなっているんだろうと思い、店員さんに聞いてみたところ、1人前ずつ、アルミの鍋に作られていて、スープを入れて温めれば食べられるようになっているということです。
なるほどなるほど、よく考えていますね。
なお、うちはIHしかないので、アルミがIHでも大丈夫か聞いたところ、IH対応のアルミを使っているので、IHでも使えるということでした。

今回はいろいろな味を試したかったので「白のもつ鍋(みそ味) 1,500円」「赤のもつ鍋(醤油味) 1,500円」をそれぞれ注文することにしました。

また、もつ焼きについても聞いたところ、牛はさがりという部位で、横隔膜の一部だそうです。ハラミと近い部分のようですね。
豚さがりと牛さがりがあったので、どちらがオススメか聞いたところ、関東の人は牛さがりの方がオススメとのことで、「もつ焼き(牛さがり) 1,200円」も頼むことにしました。

家に帰って広げてみるとこのように包装されていました。
博多もつ鍋 蟻月 恵比寿店 (ありづき) テイクアウトの料理
野菜とモツはアルミに入っていて、スープ、ニンニク、ごま、ごま油、鷹の爪などは別に入っています。
作り方も丁寧に説明してくれました。ニンニクは多めに入っているので、少しずつ増やしてくださいとのことです。

もつ焼きは透明の入れ物に入っていました。
もつ焼き(牛さがり) 1,200円

早速鍋を準備して、家にあるIHで温めてみたのですが、全然温まりません、途中で消えてしまいます。
備え付けのIH、ホットプレートのIHでも試したのですがどちらも使えませんでした!
結局IHではダメでした!

アルミの鍋って前もこういうことがあったから念のために店員さんに確認したのに。。。
仕方ないですね。
ちょっと考えて、家にホットプレートがあったので、そのうえで温めることにしました。

もしホットプレートがなかったら危ないところでした。
赤のもつ鍋(醤油味) 白のもつ鍋(みそ味)をホットプレート温めているところ
かなり時間がかかりましたが、ようやく温まって野菜がしなっとなってきました。よかったです。

早速食べてみると、、、おっ、美味しいですが、ちょっと物足りない。
ニンニクがちょっと足りない感じでした。
ということで、さらにニンニクを足して食べてみると、、、おぉ、これは蟻月の味じゃないですか!
ニンニクを入れるとかなりお店の味に近づきます!モツも柔らかく美味しいです。

モツは1種類でしたが、だいぶ昔に行ったときはハチノスとかが入っていた気がします・・・。記憶の間違いかな・・・。

しかし、味噌味も醤油味もどちらも美味しく、家で蟻月が食べられるなんて最高ですね!

味噌と醤油を交互に食べてみましたが、感想としては以下です。

・味噌
かなりコッテリ。はじめのインパクトがすごく美味しい。食べ進めていくと、コッテリ感が増してちょっと重くなる。
・醤油
アッサリだけどコクがある。はじめのインパクトは薄いが、食べ進めていくうちにどんどん美味しさが分かってくる。

どちらも美味しいですね!

あっという間に具材が少なくなってきました。自分でキャベツと科入れてもよかったかもしれません。

〆は、麺とご飯両方を楽しむことにしました。
まずは麺を食べて、そのあと最後にご飯を入れようと思います。

まずは麺です。
博多もつ鍋 蟻月 恵比寿店 (ありづき)のテイクアウト 〆の麺
醤油も味噌も両方で麺を食べ比べることができるなんて贅沢ですね。
とっても美味しかったです。

そのあと残った汁でさらにご飯を入れて雑炊にして食べてみましたが、これまた本当に美味しかったです。

さすが蟻月のスープです。麺も〆のご飯もどちらも美味しく最後までいただくことができました!家だとこういったアレンジができるのでいですね!!!
お店だと残ったスープがもったいないですが、家だと本当に最後の一滴まで余すことなく楽しめます。

なお、もつ焼きはかなりさっぱりしていて、蟻月にしてはガツンとくる味ではなく、上品な味だなぁということろでした。美味しいのですが、お酒を飲むにしてはちょっとインパクトがないかもしれません。値段も結構高いですしね。

もつ鍋の名店の味が気軽に家で食べられるなんてすごくうれしくて楽しかったです。締めを自分なりにアレンジできるというのも自宅ならではの楽しみ方ですよね。

もつ鍋の名店蟻月のテイクアウトサービス、ずっとやってほしいです!

ごちそうさまでした。

今回食べたメニュー

  • 白のもつ鍋(みそ味) 1,500円・・・8.5点
  • 赤のもつ鍋(醤油味) 1,500円・・・8.5点
  • もつ焼き(牛さがり) 1,200円・・・7点
(※10点満点)

お店の情報

【店名】
博多もつ鍋 蟻月 恵比寿店 (ありづき)
【営業時間】
[全日]
17:00~23:00(L.O.22:30)
【定休日】
年末年始(12/31~1/3)
【住所】
東京都渋谷区恵比寿2-9-5
【電話番号】
050-5597-2396
スポンサーリンク
レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)