名物!冷やし宮古そば!宮古島のローカル料理屋さん@キッチンみほりん

名物!冷やし宮古そば!宮古島のローカル料理屋さん@キッチンみほりん

宮古島のシギラリゾート近くにある地元宮古料理のお店「キッチンみほりん」にいってきました。

近くを車で走っているときに嫌でも看板が目につきます(笑)
キッチンみほりんの看板

このようなお店の外観で、名前とはちょっとイメージが違いますね。
キッチンみほりん 外観

お店の外には看板が出ています。
キッチンみほりん 外の看板メニュー
今回のお目当ては、看板にも書いてある、「冷やし宮古そば」です。
すごく気になっていました。

店内に入ると、海の家のような雰囲気でとてもローカル感のある内装でした。
テーブル席と座敷の席があります。
キッチンみほりん@宮古島 テーブル席
キッチンみほりん@宮古島 座敷1
キッチンみほりん@宮古島 座敷2

今回は座敷の席に案内されました。とても雰囲気がよいですね。

メニューはこのようになっています。
キッチンみほりん@宮古島 メニュー1
キッチンみほりん@宮古島 メニュー2
定食もあるようです。

そこまでお腹が空いてなかったので2人で「冷やし宮古そば」1つでもいいですか?と聞いたところ、心よく「いいですよ」といっていただけました。

ということで、珍しい「冷やし宮古そば」を1つ頼みました。

冷やし宮古そばの説明としては「宮古産もずく、大根おろし、ネギがのった和風だしのそば」とのことです。美味しそうですよね!

テーブルには調味料があります。
調味料

しばらく待って到着です。
冷やし宮古そば セット

こちらが冷やし宮古そばです。
冷やし宮古そば
宮古産もずく、大根おろし、ネギが入っています。

天ぷらもついてました。
冷やし宮古そばセットのてんぷら
食べ方の説明を見ると、「レモンを絞って食べる。天ぷらもつゆに浸して食べる。ワサビはお好みで。」とのことです。

早速食べてみると、タレは甘めのタレです。

麺はツルツルでした。
宮古島に来てからわかったのですが、宮古そばは麺がツルツルなのが特徴なのかもしれませんね。

那覇で食べた首里ソバの麺はごわごわの麺ですごく食感がよかったです。

ツルツルの麺もさっぱりと美味しいですけどね!

この冷やし宮古そばのタレで、ソーキそばのゴワゴワの麺を食べるとどうなるのかちょっと食べてみたいですね。

途中で、薬味の大根おろし、わさび、レモンはなどを入れて食べてみましたが、さっぱりとしたタレと麺にとても合います!

全体的にはよいまとめ方となっていると思います。

新しい形の沖縄そばというところでしょうか。

もっと伸びしろはあるかもしれませんが、とてもいい試みだと思います。

温かい土地で冷たいお蕎麦もいいもんですね。

ごちそうさまでした!

今回食べたメニュー

  • 冷やし宮古そば 800円・・・7.5点
(※10点満点)

お店の情報

【店名】
キッチンみほりん
【営業時間】
11:30~21:00
【定休日】
水曜日 2019年4月1日より日曜日定休
【住所】
沖縄県宮古島市上野字宮国870-1
【電話番号】
0980-76-3641
スポンサーリンク
レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)