【実食レポート】二郎系カップラーメン「豚ラ王」が美味しい!

【実食レポート】二郎系カップラーメン「豚ラ王」が美味しい!

今回は、二郎系カップラーメン「日清トリプルニンニク豚ラ王」を食べたのでそのレポートをします。

たまたま寄ったドンキホーテで安く売っていたので購入しました。

ドン・キホーテで日清トリプルニンニク豚ラ王が199円(税込215円)で売っていたのです!
ドン・キホーテで売っている 日清トリプルニンニク豚ラ王

日清トリプルニンニク豚ラ王」は2021年1月10日発売の二郎系カップラーメンです。

もう見ての通り黄色が目立つ、二郎を意識したパッケージです。
日清トリプルニンニク豚ラ王 外観1
日清トリプルニンニク豚ラ王 外観2

サイトの情報によると、「日清ラ王」史上初となる「ニンニク練り込み極太ノンフライ麺」を使用しているとのこと。
麺までにニンニクが入っているようですね!

ヤサイ、ニンニク、アブラと完全に二郎を意識したカップラーメンですね。

アブラマシの袋も別添えとのことで、いよいよ本格的な二郎です。

内容量は135g (麺80g)となっています。

日清トリプルニンニク豚ラ王のカロリーは477kcalとカップ麺にしてはなかなかの高カロリー。さすがですね。
日清トリプルニンニク豚ラ王 栄養成分表(内容量などの説明)

作り方は以下となっています。
日清トリプルニンニク豚ラ王 つくり方

早速あけてみると、「かやく」「液体スープ」「焼豚」そして、「アブラ増し袋」が入っています。
※アブラ増し袋は温めないでください。
日清トリプルニンニク豚ラ王 入っているもの

お湯を入れる前の麺はこのようになっていて、他のカップ麺に比べるとかなりの太麺です!
日清トリプルニンニク豚ラ王 お湯を入れる前の麺

ということで作り方の通り、焼豚・かやくを入れて熱湯を入れ、フタをして、液体スープをフタの上において温めつつ、5分待ちます。

5分後、液体スープを入れて、よく混ぜてから背脂増し袋を入れて完成です!
日清トリプルニンニク豚ラ王 完成
ふたを開けたとたん、ニンニクの匂いが充満して、かなりの二郎な感じを受けます!

見た目はちょっと寂しいですが、匂いはかなりニンニクがきいていて二郎な感じですよ!

ちょっと気になって、背脂の袋の中身をそのまま食べてみると、、、ニンニクがすごかったです!

スープは乳化スープですね。

まずは野菜から食べてみます。

おおおおぉ、スープを吸った野菜はニンニクがきいていて、二郎っぽいです!
いいですね!野菜を食べただけで口の中に二郎が広がりました!

そしてつづいてスープ。
スープは乳化されてます。
その乳化されたスープを飲んでみると、、、おおおぉぉぉ、結構な二郎テイストではないですか!
口の中に完全に二郎ワールドが広がります!

すごく研究されていて、かなり二郎に近い、おいしいスープです!
これはレベル高いですね!おいしいです。

続いて麺です。
こんな感じでカップ麺にしてはかなりの太麺です。
日清トリプルニンニク豚ラ王 調理後の麺
増したアブラも溶けてますね。
日清トリプルニンニク豚ラ王 増しアブラが溶けたところ

その美味しそうな太麺を食べてみると、食感はモチモチです。
二郎のようにワシワシという感じではなく、モチモチという食感ですね。

麺はさすがに、セブンイレブンの二郎系 中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメンのようなワシワシの麺とはいきませんが、この値段でカップ麺にしては悪くないです。

チャーシューは、カップ麺で食べるチャーシューの大きい版という感じですね。こちらはイマイチです。

しかし、全体のレベルはかなり二郎に近い感じを受けました。

特に野菜とスープが二郎に寄っていて、それに背脂とニンニクが足されることにより、より二郎に近づいています。はっきり言って美味しいです。

カップ麺でこれだけ二郎に近いものが食べたれるとは思いませんでした。

しかも、ドン・キホーテで日清トリプルニンニク豚ラ王が199円、税込み215円で買えるなんてとってもリーズナブルですよね!

このお値段で、これだけのクオリティで、二郎に近いものが食べられるなんて思いませんでした!
企業努力に脱帽です!

量はそれほど多くはないですが、味もよいですし、お値段からしたら十分コストパフォーマンスは良いと思います。
安売りの時にまた買って食べたいなと思います!

ごちそうさまでした!

今回食べたメニュー

  • 日清トリプルニンニク豚ラ王 215円(税込み)(希望小売価格 368円 (1食/税別))・・・8.5点
(※10点満点)
スポンサーリンク
レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)